読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あくまで個人の雑感です。

思ったことを適当に。

卒業しても引退しても、橋本奈々未さんの『そして人生は続く』

www.oricon.co.jp

mdpr.jp

www.nikkansports.com


橋本さんが卒業を発表しました。
正確な卒業の日時は未定ではあるものの、来年の橋本さんの誕生日である
2017年の2月20日前後を目安とされているそうです。

『橋本さんがセンターを務めると卒業する』というのが、僕が乃木坂のファンになった1年半以上前からファンの間で流布していた定説というか、噂だったようです。
結果として、その噂は現実として僕らの目の前に立っています。

橋本奈々未さんという人は、そのアイドルとしての出自から特異な人です。
海外へ行くための足掛かりとして、郷里の北海道から上京し美大へ通い、
学費と生活費を捻出するためのバイト生活に疲弊した時に乃木坂のオーディションと遭遇。
『芸能人になればロケ弁が食べられる』という理由から応募し、見事合格。
以降の活躍ぶりはご存知の通りです。

恐らくは確固たる信念も覚悟もないまま、流れに身を任せる形でアイドルとなり、
それが故に、決して浮世離れしない地に足の着いた考え方と、生来のものであろう真っ直ぐさ、そして独特な感性が混然一体となり、唯一無二といっていい魅力を発揮しているのが、乃木坂46橋本奈々未という人だと思います。
そして、地に足の着いた考え方を常にしていたからこそ、橋本さんは芸能という仕事の中に、自分の居場所は無い、と悟ったのかなと思います。

橋本さんを見ていると、常に居住まいの悪さを感じているように見えるというか、『ここは私の居場所なのか?』と問いかけているように見えました。
置かれた場所で精いっぱい花を咲かせるための努力はするが、そこに根を張ることはしない雰囲気というか。
乃木坂卒業後、芸能界は引退するという選択をしたのも、理解はできます。

理解はできますが、それでも、寂しいです。

ファンになってからグループを去っていった永島さんや深川さん。
彼女たちを見送った時にももちろん寂しさはありましたが、今回の寂しさもまた、辛いものがあります。

基本的に箱推しの僕ですらこの寂しさです。
橋本さんを一推ししていた方たちの気持ちを考えるとたまらないものがあります。

それでも、とりあえずは、橋本さんが僕たちの目の前から姿を消すその時まで、いつも通り、自分のペースで乃木坂46を応援し、橋本さんを応援していこうと思う次第です。



と、ここまで書いていた中で、橋本さんが緊急生出演するラジオが始まり、番組中に橋本さんのソロ曲が解禁されました。


乃木坂46 橋本奈々未 「ないものねだり」

参った。
こんなにも味のある歌声と歌い方を秘めていた方だったとは。
気付きませんでした。
橋本さんの歌声が、この一曲だけにしか封じ込められないというのは、ちょっと勿体なさすぎます。
もっともっと、橋本さんの歌が聴きたかったなぁ。