読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あくまで個人の雑感です。

思ったことを適当に。

『乃木坂工事中』10/2放送分で中元さんに感じた事。

というわけでブログ書きのテストがてら考えていたことをつらつらと。
色々な設定はこれから触っていくうちに覚えていきたい。

この日の放送は、1か月前に放送された『1カ月あったらこれ出来ます! 乃木坂46夏休みの目標発表会』の
お披露目回でした。

渡辺みり愛さんがドローンを使ってのマシュマロキャッチ、川村真洋さんが音楽に合わせてのけん玉パフォーマンス披露という、
傍目にもハッキリ難易度が高いことがとわかる目標を次々とクリアする中、中元さんの目標が
『「スキャットマン」をカラオケで歌い、採点機能で80点以上を取る』というものでした。


THE SCATMAN - Scatman John HD1080p

もう見るだけで明らかに難易度の高さがビンビンに伝わってきます。

これに対し中元さんは
『歌詞を文字に起こす』
『滑舌の練習をする』
『ひたすらカラオケで歌いこむ』
という対処で努力を重ねますが、結果としてクリアできませんでした。

歌いだしから危うくて、つんのめりかけながらもなんとか歌い続けますが、中盤あたりで速さについていけず、最後は歌うことすら止まってしまいました。

これを見て感じたのは、
『無理矢理でもいいから最後まで歌い続けてほしかった』ということです。

何を歌っているかわからない状態でもいい。
クリアできないことがわかっていてもいい。
それでも最後まで心折れずに歌うことをやめない気概を見せてほしかったです。

そうすれば、その後スタジオで映る姿から感じる印象も、大分違ったものになったと思います。
完全な敗者としての姿を晒したままの中元さんを見るのは、こちらとしてもちょっと辛かったです。

クリアできなかった場合の罰ゲームも、高山さんが代わりに引き受ける流れになってしまい、結果としては高山さんの印象が良いものに映り、しかも面白さまでかっさらっていく形になってしまいました。
(ただ、あそこで罰ゲームの肩代わりを躊躇なく引き受けた高山さんの優しさは素晴らしかったです)

この先、中元さんが乃木坂のメンバーとして大きく羽ばたくための課題を垣間見た気がします。
とにかく、見守り続けていきたいです。頑張れ!中元さん!!